治らない口臭に隠された病気|こんな人は危険な病気が潜んでいます。

口臭って気になったことないですか?口臭の原因ってたくさんあり、寝起きだから、年を取ったから、ニンニク食べたからなどと自分なりに仕方ないと思っている人も多いと思います。

実際に、食べ物などが原因の場合は、歯磨きをしたり、エチケットグッズなどを使うことにより口臭は消すことが出来ます。自分なりに対策はしているけど、口臭が気になると言う人は病気を疑ってみましょう。

今回は口臭の原因となっている病気を紹介しますね

◆歯周病

歯周病はキツめの口臭です。実際に悪化することにより、歯だけでなく歯茎までなくなってしまう可能性があります。また、歯周病は進行していくので気が付いた時点で歯医者に相談してみるようにしましょう。定期的に通うことにより、防ぐことも出来るので、歯医者できちんと口臭の原因にならないようにケアを行ってもらって下さい。

◆畜膿症

畜膿症は、膿が溜まる病気で意外と多いと言われています。膿が溜まる部位は鼻の副鼻腔です。原因は風邪やアレルギー、ウイルス、カビなどで鼻に炎症を引き起こしたり、膿が溜まって畜膿症となります。鼻と口は繋がっているので、膿が溜まる事により口臭を引き起こしてしまうのです。これは、周りだけでなく、自分でも臭いが分かるので深刻な悩みとなっている人が多いようです。

◆胃関係の病気

実際に食べ物を食べると胃で消化されるようになっているのですが、胃の機能が低下してしまうことにより、消化に時間がかかってしまい口臭を招いてしまうこともあります。

◆肝臓病

肝臓は様々なものを分解する場所でもあり、正常に機能できない場合には、体全体からきつい臭いがする事があります。大きな病気としては肝硬変や肝炎などの場合もあり、あまりにもきつい臭いがする場合には、きちんと病院で受診するようんしましょう。

◆肺や気管支の病気

実際に、あまり知られていないのですが、呼吸器官の病気は口臭を引き起こす場合があります。実際に、吐いたりする場所でもあるので、口臭を感じることもあります。

◆糖尿病

生活習慣の代表的な1つとなっている糖尿病は、尿を甘くすると言われていますが、実際に、口臭だけでなく体全体の臭いが出てしまうこともあります。重症化することにより、周りの人にも気が付かれてしまうほどの臭いになってしまうこともあるので、きちんと対処するようにしましょう。

口臭の原因は口だけの問題と思っている人も多いと思いますが、中には、病気を引き起こしている可能性もありますので、心当たりがある人は一度、歯科医か病院で受診するようにしましょう。